イワタニ・ケンボロー株式会社
ページタイトルの背景画像
Breeding Stock種豚

栄養情報

飼料成分推奨値

アミノ酸はタンパク質をつくるための構成要素であり、豚は飼料からアミノ酸を摂取することで、血となり「豚肉」となります。当社種豚由来の肉豚は飼料中のアミノ酸を有効活用し、効率良く増体するように遺伝改良しています。日本国内の市場を考慮すると肥育後半では適切な背脂肪を確保することが求められますが、そのような環境でも充分に増体していくことが可能です。
効率的に飼料中アミノ酸を豚肉に変換できるよう、当社種豚は日々遺伝改良されており、推奨される栄養内容も変化していきます。言い換えると、能力を充分に発揮するためには、適切な栄養を含んだ飼料で育てることが重要です。

ここでは当社種豚をお使いいただく上で推奨される飼料成分の推奨値をステージごとに掲載しています。飼料内容を考える上での参考としてご利用ください。