イワタニ・ケンボロー株式会社
ページタイトルの背景画像

Breeding Stock種豚

種豚/遺伝子の供給

ケンボロー種豚とその遺伝子の供給体制

イワタニ・ケンボローは世界最先端の技術を持つ種豚会社PIC社より遺伝的に優秀な種豚を定期的に輸入し、日本市場向けな肉質の改善や、お客様の様々なニーズに応えられる形質を持った種豚を生産・販売しております。
また種豚や販売用精液の生産を行っているだけでなく、定期的な導入期間中の豚の様子や環境の改善のご提案など、アフターケアの部分も入念にさせていただいております。

ケンボロー種豚

岩手県の東北農場、青森県の田代農場及び契約農場にて種豚の生産を行っております。
ウインドレス豚舎を採用しており、舎外からの細菌等の侵入を最小限に抑えた衛生的な環境で飼育しております。
ケンボロー種豚は雌系2品種、雄系3品種の計5品種を取り揃えており、どの種豚も強健性に優れた丈夫な豚です。各品種の具体的な紹介ページがございますので詳細をご覧になりたい方はこちらのページをご覧になってください。 →種豚紹介へ

遺伝子の供給(精液販売)

PIC社の種豚改良の最先端である遺伝改良農場から遺伝能力が優れた雄を定期的に輸入しています。これらは日本におけるケンボロー種豚の改良に使われお客様に供給される種豚や精液がより遺伝的に優れ生産現場の収益に直結することをお約束します。
生産ピラミッドを2つ所有していることにより、どちらかに万一の事態が起きても対応可能です。お客様の農場へ精液や生体の供給をストップさせたことは一度もありません!→自社農場の紹介はこちら

販売について

種豚(生体)の注文の流れおよび精液販売の品種についての詳細をPDFデータに掲載いたしました。
お届け先など条件により配送方法などがデータのものと異なってくる可能性がございますので、配送プランなど詳しい内容をお聞きになりたい場合はお問い合わせください。