イワタニ・ケンボロー株式会社
ページタイトルの背景画像
Company企業情報

社長メッセージ

世界最大の種豚会社であるPIC社(Pig Improvement Company)の日本国内におけるフランチャイズ企業として、当社は岩谷産業株式会社の全額出資によって1982年に設立されました。『世の中に必要なものは栄える』という岩谷産業創業以来の企業理念の下、1983年末の東北原種豚農場(現原々種豚農場)の稼動から35年以上、我が国の養豚産業発展の一翼を担ってまいりました。
当社が供給するケンボロー豚をはじめとした種豚はその優れた経済性と健康度から、現在までに日本の養豚業界のトップブランドとしての地位を確立し、近年ではPIC社のゲノム解析による遺伝改良技術の劇的な進化により、種豚の能力が飛躍的に向上し、世界トップクラスの競争にも対抗し得る水準となってまいりました。


一方、当社は1995年にPIC社のノウハウと長年の種豚事業を通じて蓄積してきた独自の飼養管理技術を活用するためプラント部門を設立し、岩谷産業が1960年代より展開してまいりました先進的畜産機器・設備事業を統合しました。爾来、最新の畜産システム機器・設備の開発、販売を数多く手がけてまいりました。


さて、我が国の畜産事業を取り巻く環境においては、今後、TPPやEPAにより海外からの畜肉輸出攻勢に拍車が掛かります。それは単なるコストだけではなく生産現場における安全・安心やテーブルミートとしての品質を武器に加速します。これに対抗するには、できるだけ疾病と戦わないようにできる生産システムの整備や生産現場の衛生状況の改善が必須であり、真の「国産ブランド」確立と、農産事業、養殖漁業、大手畜産事業者とのサスティナブルな事業連携確立が急務です。また、労働力・後継者不足への対応や働く環境改善のための省力化、生産活動すべてを統括してマネジメントする「ファームマネジメント」の重要性がますます顕著になってまいります。


これら喫緊の課題に対し、「種豚事業」と「プラント事業」そして生産活動のマネジメントを担う「技術サービス」のすべての部門を有する当社は、その総合力をIoT,ICT技術の導入によってさらに高次元化させ、生産者の皆様と共に「養豚事業の未来」を切り拓いてまいります。


2016年4月
代表取締役社長

相川和博