イワタニ・ケンボロー株式会社
ページタイトルの背景画像
Facility & Equipment設備・機器

投薬配合器 詳細

ドサトロン

動力源不要の投薬配合器

飲水投与や消毒ゲートへの薬液混合など、水への混合に様々な使用が可能です。
鶏、豚、牛、消毒ゲート等、畜産現場の様々な場面で使用されております。

様々な用途、場面に対応できます。

ガス、電気等の動力源が不要であり、配水管を設置できる場所であれば、薬液投与が可能です。また、配合したい薬液pHによって機種を選定できます。
※薬液に粘性がある場合、正確に動作ができない可能性があります。

部品数が少なく、メンテナンスが簡単に行えます。

部品数が少ない構造のため、故障が少なく、容易に解体できることでメンテンナンスを簡単に行うことができます。

簡単な操作性。

薬液の配合調整は、スリーブを回すだけの簡単操作で行うことができます。

最新機種 DIA4RE

従来の機種と比べ、極端に低水圧、低水量下の環境下でも使用可能となった最新機種です。

低水圧、低水量の環境でも正確に動作可能です。

従来の商品と比べ約半分の水圧、水量(0.15KG/㎠、0.075L/分)の環境下でも使用できます。これまで使用が難しかった配水管の口径が小さな農場や飼養頭数が少ない農場でも、適切な量の薬液を配合する事ができます。
※薬液に粘性がある場合、正確に動作できない可能性があります。

本体内部を傷つけにくい構造となっています。

最新機種のDIA4REでは、水と薬液を出水口で混合します。薬液を本体内部まで引き上げない事で、再結晶しやすい薬液、粉末薬品を溶かして使用する薬液等を使用してもドサトロン内部を傷つけません。内部を傷つけないため、耐久性能が従来商品の約2倍となっております。

薬液配合シミュレーション

下の計算式に、希望の値(濃度)を当てはめる事で、濃度計算が簡単にできます。

薬液タンク濃度(%) × 配合濃度(%) ÷ 100 = 飲水投与濃度(%)
参考
  • D25RE2 薬液配合 0.2~2.0%(0.05%刻みで調整可能)
  • D25RE5 薬液配合 1.0~5.0%(0.20%刻みで調整可能)
  • DIA4RE 薬液配合 1.0~4.0%(0.20%刻みで調整可能)

機材を見る

D25RE2

関連商品

DIA